何となく使っていたお金を楽しく使えるお金に変える方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは! FPオフィスてれすこ新宅です。いつも私の記事をご覧いただきありがとうございます。

さて、以前節約についてシリーズっぽく数回にわたり記事を書いてみました。その中で「何となく使っているお金を減らすことは節約につながる」的なことを書きましたが、今回はそこのところを少し詳しく書いてみようと思います。

「何となく使うお金」は無駄遣いの温床です


繰り返しになりますが何となく使うお金とは、使うことに意識の乏しいお金のことを言います。当然使って楽しいと感じたり満足を得ることにも乏しく、漫然とお金を使っている状態だと思われます。

こういうお金の使い方をしていると、その時の気分で今必要ではないものを買ってしまう、家にあるのにまた買ってしまう、といった無駄遣いが増えていきます。
お金を使った瞬間は楽しかったり満足を得たりできるかもしれませんが、後になって後悔することが結構ありますし、お財布の中身もだんだん寂しくなっていくと思います。
そんな状態が続くと、家計がピンチになるかもしれません。ピンチになるとお金を自由に使うことが難しくなり、最悪お金を使うことに腰が引けてしまう(怖くなったり罪悪感を持ったり)恐れもあります。こうなっては「お金を楽しく使う」どころの話ではなくなってしまいます。

お金を何となく使ってしまうのは、使う目的を意識していないからです。目的がはっきりしていないので計画もないままダラダラ使ってしまう傾向が強くなります。

極端な話、「何となく使うお金=無駄遣い」と言えるくらい家計にとってマイナス要因だと考えています。家計改善を検討する際に「何となく使うお金を減らすこと」は最重要課題といっても言い過ぎではないと思っています。

じゃぁ「何となく使うお金」をどうやって減らすか?


いきなりケンカ売るわけじゃないですが、何となく使うお金を減らしたいなら何となくお金を使わなければ良いのです。

お金を何となく使わないようにするには、お金を使う目的を明確にしてきちんと計画を立てて使うことが必要です。こう書くとなんだか堅苦しく感じるかもしれませんが、皆さんが結構やられている「毎月予算を決めて支出管理する」ことですし、巷でよく見る「○○節約術」は大体これをテーマにしたものです。

でも皆さん薄々感じているかもしれませんが、これを実行して継続するのは結構大変です。日々の細かい支出にまで意識を巡らせてギチギチに予算管理しても、無駄遣いは減るかもしれませんが全然楽しくなんかありません。これじゃ私のポリシーに反します。

もちろん、予算を決めて支出を管理することはとても重要ですし、支出を減らすための様々な節約術も有効です。でも、それだけじゃ次第に辛くなってきて長続きしません。そこで節約術や支出管理(これらは「テクニック」です)と同時にお金を使う時の気持ちを大切にすることが必要だと考えています。

「何となく使う」を「楽しく使う」に変えてみると・・


以前の記事で「お金を楽しく使う」ためには、使うまでのプロセスが大切だとお話ししました。プロセスを踏めば「お金を何となく使う」なんてことはなくなり、無駄遣いが少なくなるだけでなく楽しくお金を使えるようになれると考えています。

先ほど書きましたが、まずお金を使う目的を明確にする必要があります。目的が明確になったら「楽しく使う」方法を考えます。

目的と書くと仰々しく感じますが、ごくごく身近な些細なことで良いのです。例えば「今月はおいしいすき焼きを食べたい」とか「洋服買うの我慢してたけどそろそろ欲しいな」とか日常でいろいろあると思います。出来れば、ぼんやり考えるのではなく何かに書き留めておくと良いかもしれません。
次に目的を楽しく達成する方法を考えます。贅沢はできないのでどうしてもお金とにらめっこしながら考えることになると思いますが、そんな制約があっても楽しめる方法を考えます。先ほどの「すき焼き」を例にすると、

外食だと高くつくので、休日家族みんなで作ることにして、肉は特売日に安く調達して冷凍保存(ついでに上手な保存方法もチェック)!でも焼き豆腐だけはこだわりたいな。予算は家族4人で5,000円!レシピサイトで簡単で美味しい作り方をチェックしておこう。できるかな?・・・

何となく夕食をすき焼きにするご家庭はそんなにないと思いますが・・例えが悪かったですかね(私食べるの大好きなもんで)?

「何かをするにはお金が必要」という意識を誰でも持っています。だから楽しいことをしようとすると、どうしても普段以上にお金とにらめっこしてしまいます。でも、もうこの時点でお金に対する意識はかなり高まっているはずです。そしてこの制約を乗り越えて目的が達成されれば、とても大きな満足が得られるはずですし無駄遣いしたと後悔することもなくなります。

お金は何となく使うより楽しく使う方が良いに決まっていますが、実は楽しく使う方が家計にやさしいと私は考えています。

「とあるご家庭」の食費改善策


以前「お金を楽しく使う的節約術4(あるご家庭編)」という記事で家計改善の具体的な例について書きました。
このご家庭の支出を「どんな気持ちで使ったか」で分類分けしてもらったところ、外食以外の食費をほぼ「何となく」支出していることが分かりました。奥様の趣味が料理なのにです。
聞くと、ご夫婦共働きで平日家事のほとんどを奥様がせざるを得ない状況(ご主人の仕事が忙しいため)なので、食事の用意で手一杯で完全に家事化して料理を楽しむ余裕がないとのことでした。
惣菜に頼ることも多く、食材を買っても余らせてダメにすることも多いようでした。

家計診断の結果金額的に食費は削減項目ではありませんが、奥様の家事負担軽減と同時に食事の準備をなるべく楽しく行うよう改善すれば、「何となく」支出している食費が楽しい支出に変わるのではないかと考え、ご夫婦といっしょに検討してみました。

まず、生協の宅配サービスを検討しました。日々の買い物と献立を考える手間を軽減できて価格も手頃なので有効だと思いました。でも、このサービス利用で確かに奥様の家事負担はいくらか軽減されますが、現状の家事ワンオペ状態は軽減されません。料理を楽しみたい奥様にとっては不十分だと思ったようです。

そこで、1週間分の夕食を週末に家族全員で作り置きしてみることにしました。ご夫婦(特に奥様)にとって次のメリットがあると考えられ、奥様も納得のプランになりました。

  • 平日に夕食の献立を考えなくて済む
  • 買い物や夕食準備の手間が軽減される。食材ロスが減らせそう
  • 栄養バランスも良くなりそう
  • 家族全員ですれば家事負担が分散される
  • お子様も一緒にすることでレジャー感が生まれて楽しそう
  • お子様のお手伝いや料理の勉強に良さそう

早速レシピ本を購入して奥様がアレンジを加えながらいろいろ試してみました。最初はヒッチャカメッチャカだったようですが、キャンプが趣味のご主人が意外と(失礼!)戦力になり程なく軌道に乗ったみたいです。お子様もとても楽しそうに手伝ってくれるようで、狙い通りだと奥様も満足のご様子でした。

結果として奥様にとって苦痛だった平日の夕食準備が、週末の楽しい家族の時間に変えることができました。まだ食費自体増減はありませんが、食材ロスの削減が見込めそうなことと惣菜に頼る頻度が減りそうなことで、今後次第に削減できる期待が持てそうです。
更に、今まで家で全く重要視していなかったキッチンが家族にとって重要な場所に変わりました。ご夫婦は「次は機能的で広いキッチンのある家に住みたい」と思うようになったそうです。

ただ何となく使っている食費を改善しようとしただけなのに、新たな家族の夢にまで発展できたことを私自身とても驚いた(うれしかった)記憶があります。たまたま上手くハマっただけかもしれませんが・・・何かしらのヒントにはなるかな?と思っています。

まとめ


漫然と(何となく)お金を使わないようにするには、お金を使う目的をはっきりさせて楽しく使う方法を考えます。このプロセスで「お金を使う」という意識が高まります。

お金を使う計画を立てる時、誰しも必ずお金とにらめっこしてしまいます。楽しいことであれば尚更お金のことを意識してしまいます。なので「目的を楽しく達成する方法を考える」ことでお金を使う意識がさらに高まります。

そしてこの制約を乗り越えて目的が達成されれば、とても大きな満足が得られるはずですし無駄遣いしたと後悔することもなくなります。

お金を楽しく使うためには、使うまでのプロセスが大切。そして楽しく使えるようになれば無駄遣いは減り家計にもやさしいと私は考えています。

いかがでしょうか?あれやこれや書きましたが、全て「お金を使うことを楽しむ」「楽しいことにお金を使う」ことをベースにしています。お金のことに限らず、「楽しむ」という前向きな思いは最後に必ず良い結果へつながると信じています。
ザックリ考え方だけの記事ですが、少しでも皆さんのヒントになればとてもうれしいです!

以上、最後まで読んでいただきありがとうございます!

また毎度のお願いですが、下のバナーをポチっとしていただけたら、さらにうれしいです!
にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ
にほんブログ村

ファイナンシャルプランニングランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FPに相談する

FPオフィスてれすこはネットと相談に特化した独立系ファイナンシャルプランナーです。メールでの相談は基本無料です!「ちょっとお金の相談をしてみたいな」とお考えの方は、お気軽にFPオフィスてれすこまでお問い合わせください!

FPオフィスてれすこの概要はこちら


FPに相談する